皆さん、“お顔の印象の9割は目元で決まる“ということをご存知でしょうか?

女性の方の多くはアイメイク(目元)に力を入れていると思いますが、特に重要になるのは「まつ毛」のメイクです!長さや太さを上手に出すだけで、目元の印象はグッと変わるんです。

ということで今回は目元の印象の決め手!!まつ毛についてご紹介します。

スポンサーリンク


まつ毛の構造は髪の毛と同じになっているので、当然抜けたり生えたり傷んだりします。毛根によって、生え変わりのサイクル期間や、まつ毛の太さ、長さなどが決まっています。 髪の毛と同じように、キューティクルが壊れるとツヤ等もなくなってしまうのです。

まつ毛のメイクと言っても色んな方法がありますよね。海や水場でもとれる心配がなく、取り外しが不要で最近良く見かけるのは、まつ毛エクステですが、自まつ毛が抜けやすくなり、生え変わるサイクルが、変わるという恐れがあります。

お手軽ですぐにつける事が出来て、印象が変わるつけまつげは種類も多く人気も高いと思いますが、肌に合わない接着剤などは、かぶれや腫れを引き起こします。接着剤はエクステとは異なり、まぶたに直接つけるものなので敏感肌やアレルギー体質の人は避けた方がいいと思います。

身近な存在のマスカラは種類が多く、落としやすいので一番使っている方が多いと思います。マスカラは付けているときの負担よりも、OFF時に負担がかかるので落とし忘れたり、強くこすったりするとまぶたが伸びたり、色素沈着する恐れがあります。

自まつ毛のダメージ順は? まつげパーマ >ビューラー>つけまつげ>マツエク>マスカラとなります。

しかし、美容液でケアしてあげれば、ダメージを回復することができます。
まつ毛用の美容液を朝晩、洗顔後に塗り栄養を与えることで、毛周期を早めて抜け毛を防ぐことができ、切れ毛や傷んでしまった毛の補修をすることが出来ます。エクステをされている方はマスカラタイプのものより、筆かチップタイプの美容液をオススメします。マスカラタイプだとエクステ同士がくっつき固まってしまいます。(汗)

*エクステ直後はまつ毛が伸びるとリペアが早まるので、使用は落ちかけor全オフしてからが良いです。

ですが、自まつげ自体へのダメージが大きいのは、まつげエクステや間違ったビューラー使い!まつげパーマは、薬剤によっては最も大きなダメージを与えてしまいます。また、まぶたへのダメージが大きいのはエクステやマスカラをオフする際の粗雑なクレンジングだということです。

そしてまつげに化粧をする際の必須アイテムであるビューラーですが、まつげを出来るだけ長く見せたいと根本から力いっぱい折るように上げていませんか?そのようなやり方は、まつげに大きな負担を与えています。

カール力を高める為、力を入れて挟んだりひっぱるように持ち上げている、ビューラ—を使う回数が多い方は根元・中心・毛先側というように、数か所に分けて1か所1回だけ優しく圧をかけるように挟むように注意してください。

“皮膚が弱い”“抜けるリスクは回避したい”“毛が傷みやすい“など、肌質やまつげの毛質に合わせてセレクトするのが良さそうですね。(笑)どれを利用するにも、1日の終わりに汚れをしっかり落として、清潔さを保つことや負担をかけないようなケアが大事という事です。

目元の印象で、大きく顔も変わりますが、目の健康を損なわないよう正しい知識をもって、目元のおしゃれを楽しみましょうね!