「傷まないヘアカラーがあるってホント?」


皆さんこんにちは!今回は「これから流行るかもしれない!?」美容業界のトレンドのご紹介です!

「Rカラー」「Rブリーチ」って聞いたことありますか?

今巷では「傷まないヘアカラー・ヘアブリーチ」として噂になっています!


しかしホントに髪の毛にダメージはないのでしょうか?
Rカラーについてご紹介いたしますよ!!

スポンサーリンク

ホントに髪の毛が傷まないのか

ではホントに髪の毛は傷まないのでしょうか?




実際には髪の毛は傷みます・・・


そうなんです!やはり髪の毛にヘアカラーやブリーチをする時は、髪の毛がどうしても傷んでしまいます!


しかしRカラーは

今までのカラーのダメージの95%を抑えてくれる!!

そうなんです。
ここがRカラー、Rブリーチのスゴイところなんです!

今までしていたヘアカラーのほとんどのダメージを抑えてくれる、この効果の噂がどんどん膨らんで「傷まないヘアカラー」と広まってしまったのかもしれません。


毎回ヘアカラーをするたびに、髪の毛のダメージのことを考えている人には、こんなありがたいヘアカラーありませんよね!

ではなぜ髪の毛へのダメージをそこまで抑えてくれるのかご紹介します!!

なぜRカラーはダメージが少ない?

InR(インアールテクノロジー)とは有効成分を髪の毛のコルテックス内部深くまで運ぶ新しいデリバリーシステム。これにより、カラー剤などが施術中髪内部で作用している間にも毛髪へのダメージを抑えます。

引用:http://www.na-sh.com/product/r.html

 
と公式ホームページには書いてあります。


・・・難しいですね笑



すごく簡単に説明します!!


髪の毛が強くなる!でもめっちゃキレイに染まる!


逆にわかりにくいですかね?笑


実はRカラーというのは、カラー剤のことではなくて、カラーの前と後の髪の毛に【R】という薬剤を髪の毛につけて、ヘアケアしながらヘアカラーをするので「Rカラー」や「Rブリーチ」といわれます。


手順は
その【R】をカラー前の髪の毛につけて「髪の状態を整えてカラーをキレイに染めてくれる状態」を作ります。
その後カラーをして最後に【R】をつけます。
これだけです。


この【R】をつけるだけで95%ダメージが抑えれるのです!
ブリーチの時も同じです!
ブリーチといえば「髪の毛がものすごくダメージが受ける」イメージですがRブリーチをすることでもダメージが抑えられます。


さらにRカラー、Rブリーチをすることで
・色持ちが抜群に良くなる
・髪の毛にハリとコシがでる
・手触りが良くなる

などの効果もあるようです!

トリートメントでさらにイイ!!

【R】はあくまでもヘアカラーの一種です。
傷みにくいからといっても、トリートメントをしてあげたほうが髪の毛に良いです!

むしろトリートメントをした方がRカラーの効果がよりパワーアップします!


Rカラーの後にしっかりトリートメントをすると、1ヶ月以上色落ちせずに手触りもサラサラな髪の毛をキープ出来たという人も実際にいるようなので、Rカラーをした後だからこそ、トリートメントをするのは大切ですよー!

海外では当たり前!?

このRカラーやRブリーチは、海外ではかなり前から当たり前に使われているものなのです!!

これは知らなかったです笑


でも確かに外国の人のヘアカラーはすごくカラフルなカラーでも、透明感のあるカラーでも髪の毛がキレイに見えますよね!?

外国の人のキレイなヘアカラーは、このRカラーやRブリーチのおかげなのかもしれません!


てっきり髪質のせいでキレイに見えるものだと思っていました。笑

まとめ

今回は「Rカラー」「Rブリーチ」についてご紹介させていただきました!

今まで似たような「傷みにくいカラー」みたいなものはたくさんありましたが、この【R】に関しては効果は本物のようですね!!


あくまで人によって感じる効果に個人差がありますが、繰り返し行うことで必ず今までとは違うことを実感できると思います!
海外では主流なヘアカラーの方法なので、数年後には日本でも当たり前になっているかもしれませんね!


皆さんもぜひ「Rカラー」を体験してみてください!
やってみる価値アリ!!!



スポンサーリンク