男女問わず人気のパーマをかけたヘアスタイル。

パーマをかけることで髪型に動きが出たり、スタイリングが簡単になったりすごく重宝します!
自分の髪の毛だけでは出すことが難しい動きもパーマをかけることで可能になります!!



すごくオススメなのですが・・

パーマをかけた人が悩むのがパーマの持ちの問題です。


せっかくかけたパーマなのに、長持ちせずにあっという間に取れてしまうと残念ですよね・・

パーマをかけるお客様が多いですが、
そういったすぐにパーマが取れてしまったというお客様が多いのも事実です!


「どうやったらパーマって長持ちしますか?」
とよくお客様に聞かれます。

パーマの持ちを良くするポイントはヘアケア方法なんですよ!


今回は!!
パーマの仕組みから美容師オススメのパーマを長持ちさせるケア方法
パーマヘアにオススメのヘアケア商品をご紹介いたします!!



パーマをかけた方も
これからパーマをかけようか悩んでいる方も必見です!!

スポンサーリンク

パーマをかけるメリット

パーマをかけると髪の毛に動きが出ますよね!


パーマといってもたくさんの種類やかけ方があり、色々なメリットがあります!!



具体的にパーマをかけるとどんなメリットがあるのか簡単に説明していきます!

髪の毛に動きをつけてくれる

パーマをかけるというのは髪の毛に動きをつけるということ。
みなさんもなんとなくそういうイメージがあるのではないでしょうか?


パーマをかけることでまっすぐな髪の毛にふわっとした動きをつけることができます。



「この髪の毛にふわっと動きがあったらな〜」
その願いを叶えてくれるのがパーマです!



人気で定番の髪型「ゆるふわスタイル」はパーマなしではできない髪型です!
いつもの髪型に飽きてきたり、イメージチェンジしたい人はパーマがオススメですね!

悩みを解決してくれる

パーマのかけ方も色々で毛先に動きが欲しい人や、
前髪がペタッとしてしまうなどその人の髪の毛の悩みを解決してくれるのがパーマです!

・髪の毛にボリュームが欲しい
・毛先をハネをおさめたい
・硬い髪の毛を柔らかく見せたい

この悩みは全部パーマをかけることで解決してくれます!



髪の毛の悩みがありパーマをかけたいのなら美容師さんに相談してみてはいかがでしょう?
きっとその悩みに合ったパーマを提案してくれますよ!

スタイリングがとても簡単になる

朝の忙しい時間に髪の毛のスタイリングの時間を十分に確保するのは難しいですよね!
朝はついついギリギリまで寝ていたいものです笑

そんな時にもパーマをかけるとすごく便利!!


パーマをかけると髪の毛に動きを覚えさせてくれるので、
サッと濡らしてクシュっとスタイリング剤をもみ込むだけで髪型が完成します!
(かけるパーマにもよります)



髪の毛の動きが簡単に出せる。


毎朝のスタイリングの時間が半分になりますよ!!

パーマがかかる仕組み

まず長持ちさせるためにもパーマがかかる仕組みをご紹介しましょう!


パーマは基本的に2種類の薬を使います。


①まず1つ目の薬を髪の毛につけて髪の毛を柔らかい状態に変化させ、その後ロッドと呼ばれる筒状のモノに髪の毛を巻き時間をおきます。

②少し時間をおくと柔らかくなった髪の毛がロッドに巻かれることによって動きがつき、しっかり動きをついたのを確認してから最後にもう1つの薬をつけます。


この最後につける薬が柔らかくなった髪の毛を固める働きをしてくれて、
無事に髪の毛にパーマがかかるというわけです!



ものすごくザックリとした説明ですが、パーマは基本こんな感じで髪の毛にかかります笑

この時に大切なのは美容師さんの薬の調合です。
お客さんの髪質やダメージに合った薬を作ることでキレイにパーマをかけれることができます!

パーマをかけるときは普段から髪の毛のことを知ってもらっている、
信頼できる美容師さんにかけてもらうのがオススメです!

パーマはなぜとれてしまうのか?

キレイにかかったパーマも永久的に髪の毛に残るわけではありません。
なぜ1度かけたのにパーマは取れてしまうのでしょう?

それは髪の毛の結合が外れていくからなのです!
簡単にいうと髪の毛がパーマをかけた時の形を記憶できなくなるということ。



パーマのかかる仕組みでも説明しましたが、
髪の毛は一度柔らかくして動きを覚えさせて固めます。



この固めたときに薬の効果で髪の毛に記憶させるのですが、
毎日の髪の毛の扱い方で徐々に髪の毛の記憶力がなくなり結果パーマがとれてしまうのです。


これはパーマをかけた人なら避けては通れない道です。
しかし少しづつとれていくパーマを長持ちさせることは誰でもできるんですよ!!



ではパーマを長持ちさせるにはどういったことをすれば良いのでしょう?

パーマを長持ちさせよう

せっかくかけたパーマがあっという間にとれてしまうほど悲しいことはありません。
できる限りパーマは持っていて欲しいものです!


しかし残念ながらパーマはかけた当日から目に見えてはわかりにくいですが、
ちょっとづつ、ちょっとづつとれていきます。



ではどうしたらパーマを長持ちさせることができるのでしょう?

それは髪の毛の扱い方とヘアケア方法です!

パーマをかけた髪の毛に正しい扱い方をしてますか?
しっかりと正しいヘアケアをしていますか?

この2点なんです!!

この2つのポイントをしっかりできていると必ずパーマは長持ちします!



では何をしたらいいのか?
どういう風に髪の毛を扱ったらいいのか?

ご紹介していきましょう!!

パーマがかかりにくい髪質

パーマの長持ちさせる方法の前に知っておいて欲しいことがあります。
それはパーマがかかりにくい髪質があるということです。

パーマはその人の髪質によってパーマのかかりやすさや長持ちのしやすさが変わってきます。



髪の毛の状態によってはパーマをかけれないということもあるので気をつけましょう!


パーマがかかりにくい髪質について説明していきます。

細くて柔らかい髪の毛

最初から細く柔らかい髪質の人はパーマのかかりがあまり良くありません。
元から柔らかい髪の毛はパーマをかけてもふわっとしていて崩れやすく、
いつの間にかパーマがとれているということになってしまいます。



ヘアアイロンなどで髪の毛を巻いてもすぐに巻きがとれるような髪の毛の人は、同じようにパーマもかかりにくいのです。

硬くて太い髪の毛

逆に太い髪の毛、剛毛の人もパーマをかかりにくい場合があります。



太い髪は髪の毛を守ってくれるキューティクルの量が多いので、
普通の髪の毛よりもパーマの薬が浸透しにくくなっています。


そのためパーマをかける時に時間がかかったり、一度でしっかりとパーマがかけれないことも・・

ハイダメージ毛

ブリーチや何度もヘアカラーを繰り返していて、
ボロボロに傷んでいる髪の毛にパーマはかかりません!
というかパーマがかけれないのです!!



傷みがすごいハイダメージ毛は髪の毛の中身がスカスカの状態なのです。
そこにパーマの薬をつけても形を記憶できずにただダメージを重ねるだけ・・


パーマをかける予定がある、パーマをかけたいときは計画的にダメージが少ない髪の毛の状態にしておきましょう!

くせ毛

髪の毛にうねりなどのくせがある場合は、くせよりもパーマの動きが強くないとパーマがかかりません。


パーマがくせより弱い動きだと、
くせに負けてしまいパーマが無意味になってしまいます。

くせ毛の方がパーマをかけるときは、しっかりと美容師さんと打ち合わせしてからかけると、失敗が少なくてくせ毛を活かしたパーマがかけれますよ!

縮毛矯正をかけた髪の毛

髪の毛の気になるくせをまっすぐに伸ばしてくれるのが縮毛矯正です。



しかし縮毛矯正をした髪の毛に普通のパーマは基本かけれません!

縮毛矯正は薬とヘアアイロンの熱を使って髪の毛をストレートにします。
髪の毛は熱で形を変化させるとその上から、
動きをつけることがとても難しくなるのです。


縮毛矯正をかける時はしばらくパーマはかけれないと思ってかけた方が良いですよ!

パーマをかけた髪の毛にやってはいけないこと

ではパーマを長持ちさせる方法の説明をしていきましょう!
まずはパーマをかけた髪の毛にやってはいけないことからです!!



パーマがすぐとれてしまった経験のある方は、
これから紹介することをやってしまっていたかも・・

パーマをかけた髪の毛は特にかけたての時の扱い方が重要です。
やってはいけないことをしっかり覚えてください!

当日はなるべくシャンプーをしない

パーマをかけた時に美容師さんに
「今日はシャンプー控えてくださいね〜」
と言われたことありませんか?




そうなんですパーマをかけた日はシャンプーをしない方が良いんです!

というのも、パーマをかけた時の髪の毛はすごくデリケートな状態。
しかもパーマというのは24時間〜36時間かけて髪の毛にパーマの動きを記憶させます。



その途中でシャンプーでゴシゴシと髪の毛を洗ってしまうと、
パーマがとれてしまったり弱くなってしまう原因になります・・

一番良いのは2日間シャンプーをしないことです!!


しかしパーマの薬の臭いが気になったり、どうしてもシャンプーがしたい!!
という方はこちらの記事をご覧ください↓↓

カラーやパーマをした日の夜は髪を洗うのはNG?シャンプーもダメ?

ヘアブラシを使って髪の毛をとかす

髪の毛を真っ直ぐにとかすヘアブラシは、パーマをかけたらしばらく控えるのがオススメです。

ブラシで髪の毛を伸ばすというのは、パーマを伸ばしてしまうのと同じこと。
ヘアブラシを使えば使うほどパーマが弱くなってしまいます。



「でも毛先が絡まってしまったらどうしたらいいの?」


そんな時はなるべく手ぐしで絡まりを取るようにするか、
あまりにひどい絡まりの場合は絡まっている毛先の部分にだけヘアブラシを使えば大丈夫です。


無理にヘアブラシでとかしてもダメージの原因にもなるので気をつけてください!

ヘアアイロンでパーマを伸ばす

「その日の気分で髪型を変えたいから今日はパーマをストレートアイロンで伸ばしちゃお!」

これは危険!!

・パーマがとれる
・髪の毛にダメージ



のダブルでヤバいです!



パーマがかかった髪の毛というのは多少ダメージがあります。
ゼロではありません。


その髪の毛にヘアアイロンの高温を当てて、無理にストレートにすると髪の毛が悲鳴をあげてしまいます。

すぐに毛先からバサバサになり、髪の毛のツヤも無くなってしまいます。

パーマを髪の毛にかけた時はヘアアイロンを使うことはオススメしません!
どうしても使う場合はしっかりとヘアケアできるトリートメントなどをしっかり使って使いましょう。

パーマをかけた後すぐにヘアカラーをする

パーマをかけた後にすぐヘアカラーをするのはやめておいた方が良いです。
ヘアカラーを塗る時は、
どうしても髪の毛を真っ直ぐにした状態で塗らないとキレイに塗れません。

その時にパーマがとれてしまう可能性が大です!


ヘアカラーをしたい時はパーマをかけてから最低でも10日間空けるのがオススメです。

しかしその時のヘアカラーですごく髪の毛がダメージを受けたしまったら、
パーマがとれることもあるので気をつけなければいけません。

美容師オススメのパーマが長持ちする方法

ではここからは美容師がオススメするパーマが長持ちする方法をご紹介します。


長持ちする方法といっても難しいことは全然ありません!

今回は
・シャンプーの時
・ドライの時
・スタイリングの時
・寝る前



にどういった方法をすれば髪の毛にかけたパーマが長持ちするか紹介します!
あなたがされている方法と比べてみてくださいね!!

パーマが長持ちする方法:シャンプー

シャンプーの方法の前に、シャンプーそのものにまずは注目!!

髪の毛に使うシャンプーは断然アミノ酸系シャンプーを使いましょう!



アミノ酸系シャンプーとは、人間の肌や髪の毛と同じ弱酸性の成分で作られているシャンプーです。
低刺激で髪の毛を優しく洗ってくれるのでパーマで受けたダメージをケアしてくれます。



次に洗い方です。


髪の毛を洗う時にゴシゴシと強い力で洗うのはやめましょう!!
髪の毛同士を強い力で擦り合わせると表面を傷つけあってダメージの原因になります。
あまり強くシャンプーをすると髪の毛が切れてしまうことも・・

正しいシャンプーの方法としたら爪を立てずに、
頭皮をしっかり洗うことを意識してシャンプーすると髪の毛に優しいシャンプーができますよ!



髪の毛に優しいシャンプーを使って優しく洗う。
これでシャンプーでのヘアケアはバッチリです!!

パーマが長持ちする方法:ドライ

髪の毛が濡れている状態の時はものすごくダメージを受けやすいんです!
濡れた状態が続くほどダメージを受けてしまいます。



髪の毛は必ず乾かすようにしましょう!

まず優しくタオルで髪の毛から水分を取ります。
(この時もゴシゴシと強い力で拭かないようにしましょう)



その後乾かす前にアウトバストリートメントをつけるのがオススメです。
髪の毛を保湿してくれるのでツヤのあるパーマスタイルの髪型をキープできます!

トリートメントを髪の毛につけたらドライヤーを使って乾かします。
髪の毛の乾かすのは内側の髪の毛、えりあしの方から乾かしていきます。



内側が乾き終わったら外側の表面の髪の毛にドライヤーの熱を当てて乾かしましょう。

毛先は最後に乾かします。
この時にパーマの形を崩さないように手でもみ込むように乾かすと良いです!

これを毎日するとパーマが長持ちしてくれます。

髪の毛をこの順番で乾かすことでムラなく全体がキレイに乾かせますよ。



同じところに何度もドライヤーの温風を当ててしまうと、
髪の毛の乾燥やヤケドの原因になるので注意してください!


正しく髪の毛を乾かすことでキレイなツヤのある髪の毛になります!

パーマを長持ちさせる方法:スタイリング

スタイリングはそのパーマヘアスタイルによって色々あるのですが、
個人的にオススメなのが少し濡らしてスタイリングすることです。


パーマは濡れている状態の時が一番パーマの動きが出ます。
乾かすと伸びてしまうので乾かした状態でスタイリング剤をつけても、
しっかりパーマが出ないことがあるんです。

乾いてパーマが伸びた状態の髪の毛をキープするとパーマもそのままとれてしまう恐れが・・


そうならないためにパーマをかけた部分にスプレーでシュッと軽く水をかけるか、
スタイリング剤に少し水を足して髪の毛に水分を補給しながらスタイリングすると簡単にキレイなパーマを出すことができます。

ムースタイプのスタイリング剤なら、水分が補充できるのでオススメです!

パーマが長持ちできる方法:寝る前のヘアケア

みなさん寝る前にヘアケアされていますか?

パーマをかけていても、かけていなくても寝る前は髪の毛をケアしてあげるのがオススメです。

というのも寝ている時は髪の毛にダメージが起こってしまう原因があるんです。


それが枕と髪の毛の摩擦。


枕と髪の毛がゴシゴシ擦り合うと髪の毛のダメージにつながります。

そのダメージがパーマが取れる原因にもなるので極力避けたいです。

具体的な方法とすれば、オススメはヘアオイルをつけること。


ヘアオイルは髪の毛がしっとりまとまり、コーティングしてくれるので髪の毛の摩擦を軽減してくれます。
朝寝ぐせがつきにくいという効果もありますよ!


朝起きていつも髪の毛が爆発している人は摩擦による原因かもしれません。
ぜひ一度試してみてください!

パーマヘアにオススメのヘアケア商品

最後に美容師がオススメするパーマをかけた髪の毛に、相性ピッタリのヘアケア商品をご紹介します!




もし何を使えばいいのかわからない!
迷ってしまう!という方はこの商品を使えば間違いなしです!

デミ ユントシャンプー モイスト


引用:http://www.demi.nicca.co.jp/

楽天 デミ ユント シャンプー モイスト 600ml

アマゾン デミ ユントシャンプー モイスト 300ml


デミから発売されているシャンプーです!

成分は天然成分90%でできていて髪の毛にはもちろん頭皮にもすごく優しいシャンプーです。
ユントシリーズの中でも一番しっとりまとまってくれるので、髪の毛が乾燥することを防いでくれます。



洗い上がりもべたっとはならないので、
髪の長さ関係なく誰にでも使いやすいシャンプーですよ!


とてもオススメです!

COTA スタイリングベース B7


引用:http://www.cota.co.jp/

楽天 ♪ #B7 60mL オイルタイプ【COTA】 コタスタイリングベース 


当店でも取り扱いしていて、たくさんのファンがいるアウトバストリートメントです!
オイルタイプのトリートメントですが
・髪の毛を乾かす前
・寝る前に
・スタイリング剤に


幅広く使えます。



オイルなのですが嫌なベタつきはなくダメージを補修効果は抜群!
もちろん保湿効果も文句なしです!


ベストオイルトリートメント!!

アリミノ ピース ナチュラルウェーブ whip


引用:https://www.arimino.co.jp/

楽天 アリミノ ピース ナチュラルウェーブ ホイップ whip 250ml

アマゾン アリミノ ピース ナチュラルウェーブ ホイップ whip 250ml


髪の毛にうるおいを与えながら髪型をスタイリングしてくれるムースがコレです!



細かな泡が全ての髪の毛を包み込みツヤのある持続性の高い髪型を作ってくれます。
簡単にウェーブスタイルが完成します。

髪の毛にはいろんな臭いがつきやすいですが、このムースは髪の毛につく臭いを全てブロック!

この使いやすさは一度使って実感してください!

まとめ

今回は

パーマのかかる仕組みから、美容師がオススメするパーマを長持ちさせる方法までご紹介させていただきました。


パーマをかけるヘアスタイルは人気なのですが、
パーマをキレイに長持ちさせるのはやはりしっかりとした毎日のヘアケアが重要です。



ぜひ今回紹介した長持ちさせる方法を参考にパーマを長く楽しんでください!


パーマスタイルを楽しみましょー!


以上(美容師オススメのパーマを長持ちさせる方法!)でした!





※関連記事

前髪はパーマでアレンジしよう!短い前髪でも斜めに流せる方法
パーマの種類と特徴をご紹介!メンズの髪型におすすめのパーマとは
パーマをかけた時の髪の臭いを消す方法とは!シャンプーがおすすめです。
スタイリング剤の選び方!くせ毛やパーマにオススメのスタイリング剤とは?
初めてのパーマ!美容院でのおすすめオーダー方法!
アホ毛の原因と美容師オススメの直し方!即効改善する方法!

スポンサーリンク