【ブリーチするとどれぐらいで色が落ちるかなぁ??】

【髪色長く持たせる方法はあるの??】

【髪色を長く持たせる、お家でのケア方法はないの??】

ブリーチをして、せっかく雑誌のような綺麗な透明感のある色になったが

1週間とかからず金髪になったりしませんか??

髪色を長く持たせる方法あったらいいなぁーなんて思いません??

あるんです!!



こんにちは、美容室4cm店長せんちゃんといいます。

ブリーチを使ったデザインカラーや、wカラーが大好きで

ブリーチをすれば、色落ちが早くなってしまいますが

日頃のちょっとしたケアなどで、全然色持ちが変わることを知って欲しいと思いこのブログを書き始めました。


ブリーチをして、いつもと同じように過ごしていたら

1週間と持たずに、やんちゃな金髪になってしまい

後悔することになりますよ、、、

ですが安心してください。

このブログで紹介する、髪色長く持たせる11の方法を実践してもらえると

色落ちすら楽しめるようになり、ブリーチカラーが大好きになりますよ!!


そもそもなんで色落ちが、早いのか??

まずはそこからお話ししましょう!!
スポンサーリンク

ブリーチするとなぜ色落ちが早いのか


髪の毛にはメラニン色素っていうのがあるのは知っていますか??

黒髪はたくさんのメラニン色素できているんですよ。

メラニン色素には種類がって、赤のメラニン色素、黄色のメラニン色素

2種類のメラニン色素があります。

例えば、赤のメラニン色素が多い人だと、髪が

真っ黒で、髪を染めるとオレンジっぽくなって

アッシュ系のカラーが入りにくいことが多いですが反対の黄色のメラニン色素が強い場合は

少し色素が薄く、明るい黒髪で髪を染めると黄色っぽくなって

アッシュ系のカラーがとても入りやすいのが特徴です。

カラーの仕組みは、メラニン色素を破壊して

隙間を作り、そこに色が入って発色します。

これで、メラニン色素についてはわかってもらえたと思います。

カラーはどうして早く抜けちゃうのか??

破壊したメラニン色素の位置に、カラーの色素が入っているのですが

もともと違うものなので、定着しきれずに洗い流れてしまうことが多いのです!!

これだけ聞くと本当にカラーの色持ちは良くできるの??

と心配になりますよね??

ですが安心してください!!

今から髪色を長く持たせる11の方法を紹介なのですが

まずは誰でもできる、お家での髪色を長く持たせる8つの方法です。

お家で髪色を長く持たせる8つの方法


毎日当たり前のようにやってることに、ちょっとこだわってみてください!!

そうすればかなり髪色の持ちが変わってきますよ。

特に今から紹介する8は簡単でかなり重要ですから。

色持ちが良くなるシャンプーを使う


知っているとは思いますが、市販のシャンプーだとかなり色ちしやすいです!!

洗浄力が強く、髪の毛が傷みやすく、そのままカラーの色素が流れてしまいやすいです。


なので洗浄力が優しい、洗い上がりがマイルドなシャンプーがオススメです!!

ちなみに4cmでは、COTA i care シャンプーをオススメしています。

COTA i care シャンプーは洗浄成分が、アミノ酸系になっていて

限りなく髪の毛に近い成分で洗浄して、洗いながら補修してくれます。

なので、シャンプーにこだわってもらうと色持ちが良くなります。

ヘアカラー当日はシャンプーを避ける


ヘアカラーをした後は、髪のキューティクルが開いた状態になっています。

(マニキュアなどの賛成カラーは別です。)

へアカラーは、一度キューティクルを開いて、メラニン色素を破壊して

カラーの色素を入れています。

美容室で、トリートメントをすると、キューティクルは閉じるのですが

トリートメントをせずに帰る場合などは、残留アルカリと言って

またキューティクルが1〜2日間開きやすい状態になります。

キューティクルを開いたままにすると、カラーの色素が抜けやすくなり

色落ちが生じます。

なのでサロンでのトリートメントをすることと、帰宅後のシャンプーを控えるようお願いしています。

すぐに乾かす


髪の毛は濡れているとキューティクルが開いてしまい

髪の色が落ちやすい状態になります!!

ブリーチしている髪の毛になるとなおさらです。

乾かさずに放っておくと、少しづつカラーが落ち

結果的に色落ちが早くなってしまいます。

なのですぐに乾かしてしまいましょう!!

ドライヤーでしっかり乾かす


先ほども言ったように、髪が濡れた状態だと

キューティクルが開いてしまい、放っておくと色落ちが早くなってしまう原因になります。

なのでしっかり乾かしましょう!!

よくあるのは

(途中でやめて生乾きのまま寝てしまいます。。。)

ノォォォォォォ(白目)

これは本当にやめてください!!

髪の毛が水分で膨潤していて、最も傷みやすい状態で寝てしまって、枕や布団などの摩擦でキューティクルが剥がれダメージや色落ちの原因になってしまいます。

そして頭皮にもカビが生えてニオイの原因になり

不衛生な状態になるのでお気をつけください。

ドライヤーの前にトリートメントをつける


ドライヤー前には、洗い流さないトリートメントをつけましょう。

油分水分を入れて、ドライヤーの熱から守ってくれ

ダメージ、色落ちを防いでくれますよ。

4cmでは、COTA スタイリングベースをオススメしています!!

非常に保湿力が高く、髪質に合わせて

4種類からミスト、ミルク2種類、オイルと選んで使えるので、どんな髪質にも対応できますよ!!

お湯はぬるめで洗う


髪には油分水分がとても大切なので

ぬるめのお湯で洗うことをオススメしています。

高温のお湯で洗うと、キューティクルが開いて油分が水分飛んでしまい髪が乾燥してしまい

キューティクルも開くので、色も落ちてしまいます。

例えば、手荒れがひどい人はどうですか??

お湯で手を洗うと、より手荒れがひどくなりませんか??

その状態と同じなんですよ。

なので、髪の乾燥が続くと、枝毛ができて切れ毛につながり

髪が伸びにくくなり髪のツヤも失われます。

なので、お湯はぬるめがいいです。

紫外線対策をする


髪の毛も日焼けするんですよ???

髪の日焼けは、髪のキューティクルを開き、メラニン色素を分解して色落ちやダメージにつながるので

髪の日焼けを放って置いとくと髪の退色のスピードがとんでもないことになります。

なぜ色落ちが早くなるのか簡単に言うと

紫外線はキューティクルを開き、髪色が落ちやすい状態になってしまいさらに

カラーした時に、紫外線から守ってくれるメラニン色素を分解してカラーの色素が入っているので

メラニン色素の数も少なく、紫外線の影響も受けやすくなっていて傷みやすくなっています。


そして紫外線対策に有効なのは

帽子や日傘をさしたり

UVケアの入ったヘアケアアイテムを使うことをオススメしてるので

実践すると全然違うので試してください。

アイロンやコテをできるだけ使わない


髪の毛は熱に弱く、高熱を当てると髪の色が落ちやすくなります。

ここで気をつけてもらいたいのは、できるだけって言うことと高温は避けて欲しいです。

カラーをしたばかりの髪の毛に200℃の温度でアイロンやコテをすると

ブリーチなどしているとカラーがなくなってしまうケースが多いので

できたら、低温で巻いてあげることをオススメしています。

低温で巻くと、巻きのあとはつきにくくなるのですが

カラーの色がなくなりにくく、ダメージも軽減できます。

なのでコテや、アイロンは温度調整できるものにしましょう。

僕のオススメのコテはこちらです↓

クレイツイオンエレメアカール(コテ)購入!使用感、メリットデメリットとは

美容室でやる髪色を長く持たせる3つの方法


せっかくお金をかけて、綺麗にしたブリーチカラーをそのまま何もせずに帰ってしまうのは勿体無い。。。

なので美容室でもできることはあるので、3つほど話しますね。

色落ちを見越して暗めに色を入れる


何度かブリーチをして、透明感のでやすいベースカラーを作って

明るく綺麗な色を入れるもよし!!

ですが、それだとすぐカラーが抜けてしまうことが多いので

最初は暗めの色をオススメして入れることが多いです。

最初暗めにすると、思っていた色とは一緒ではないのですが

ブリーチをしていると、色落ちが良くも悪くもとっても早いので

暗めにしても意外と早く落ちてしまうことが多いので

途中経過で目標の明るさにすることが多いです。

そうすると暗めから、明るめと2度美味しいのでオススメです。

美容室でトリートメントをする


サロントリートメントは、カラーによる残留アルカリを除去してくれます。

なので、お家に帰ってもキューティクルが開くことがなく

色持ちも良くなりサロントリートメントにより

水分油分をしっかり補充もできて、手触りも良くなります。

4cmのCOTA クオリアというトリートメントは擬似キューティクルというのができるので

他のトリートメントよりもカラーの持ちが良くなります。

美容室での仕上げは、アイロンコテを使わない


カラー直後は色が抜けやすくなっているので

できるだけ避けたほうがいいです!!

でもどうしても巻きたいと思う場合は、低温で巻いてもらうことをオススメしています。

最初に、オイルをつけて巻いてあげると熱によるダメージを軽減できるのでぜひ試してみてください。

ここまでいろいろな髪の色落ちを防ぐ方法を紹介しました。

11の方法全て実践すればかなり色持ちすることは間違えなしですよ。

そしてせっかくなので、オススメのブリーチカラーも紹介するので参考にしてください。

ブリーチオススメカラー


このブログは、ブリーチカラーをしている人が多いと思うので

いくつか挙げていこうと思います。

シルバーアッシュ


ブリーチの回数は2〜3回が目安になっています!!

このシルバーアッシュカラーは暗めでも明るめでもとっても綺麗な色になっていて

暗めだとモードっぽくなっていて、明るめだと透明感のある外国人風にカラーに使われることが多いです。

ちなみに僕はブリーチ3回の明るめのアッシュグレーにしています。

そして、アッシュグレーでも、少し紫を多めに入れると髪色が落ちた時に

白っぽくなるので楽しめますよ。

シークレットカラー


細かいハイライトが入ったカラーをシークレットカラーと呼んでいます。

シークレットカラーは全体をブリーチできないが、全体に透明感があるカラーをしたいという方にオススメです。

細かいブリーチのハイライトが上品かつ、全体の透明感が出るので

派手な髪が好きじゃないけど、明るくおしゃれな色が好きという方に人気です。

シークレットカラーについてもっと知りたい方はこちら↓
【シークレットカラー】シークレットカラーの5つのメリット紹介します

【シークレットカラー】失敗しない3つのポイント紹介します。

【シークレットカラー】人気の透明感があるカラー!!人気のポイント3つ紹介します

【シークレットカラー】2018年トレンドカラーを紹介します2

【シークレットカラー】黒髪ボブで作るスタイルを3つ紹介します。

インナーカラー


インナーカラーこちらもブリーチのデザインカラーでかなり人気です。

アレンジしてもよし、コテで巻いてもよし!!

最近流行のボブヘアーとの相性も最高なので

人気の理由がわかります!!

施術時間も短く時間がない方でも簡単にできますし

インナーなので、自分の好きなインナーカラー

こういった原色系のカラーで個性を出しても

1ヶ月でまた、カラーチェンジもできるのアクセサリー感覚でたくさん楽しめます。

周りと差をつけたい方は挑戦しましょう!!

インナーカラーについて詳しく知りたい方はこちらから↓

オシャレ女子必見!!インナーハイライトをキレイに染める方法紹介します

インナーカラーの3つのメリットダークアッシュと相性抜群です。

グラデーションカラー


グラデーションカラーは、外国人風なカラーが好きな方に人気で

ミディアムヘアーやロングヘアーの毛先の動きや立体感が出しやすいです。

コテ巻きや、パーマなどと相性が抜群で

動きを出すとよりおしゃれ感が増すので、グラデーションカラーに挑戦する方は

コテ巻きや、パーマも一緒にしましょう!!

ユニコーンカラー


ユニコーンカラーは、多色使いのカラーで

あえて同系色でまとめず、かなりメルヘンなカラーですが

最近は写真ブームなので、写真映えしやすく

ヘアスタイルに入れても可愛いし

全体に入れるのが難しい方は、インナーに入れてあげるとチラ見えがとっても可愛いですよ。

ユニコーンカラーをもっと詳しく知りたい方はこちらから↓

【ヘアカラー】インナーユニコーンカラー実践

最後に

最後まで閲覧ありがとうございます!!

ブリーチカラーの色落ちを防ぐには、普段やっている何気ないことを

意識するだけで、かなり変わってくるので、今日紹介した11の方法を参考にしてくだい。

ブリーチカラーをしたい方は4cmのせんちゃんまで〜♪
スポンサーリンク


関連記事


【初めてのカラー】失敗しない3つのポイント紹介します


【初めてのカラー】髪色をキレイなアッシュにする3つの方法紹介します


【初めてカラー】寒色系(アッシュ系)、暖色系(レッド系)カラーによる5つのイメージ


【2018年秋冬ヘアカラー】秋冬ヘアカラーアッシュ系、レッド系色別紹介


ブリーチ毛のメリット、ブリーチなしのアッシュ系、ピンク、レッド系の髪色を比較
【髪色】ブリーチとヘアカラーの違い、ダブルカラー5つのメリット、3つのデメリット紹介