皆さん、こんにちは!


金沢市野々市の美容室4cm


背戸信吾です!





せとっちと覚えて下さい!


私は火曜日から日曜日までは、サロンワークを

こなしている美容師ですが、定休日の月曜日は

マンガ『いぶり暮らし』に習って、いろいろな

食材を燻して燻製作りを楽しんでいる

金沢野々市の燻製美容師なんです!


題して


燻製美容師せとっちの
いぶり暮らし



というお客様から好評のブログです!


スポンサーリンク



自宅で簡単にできる燻製作り方



ブログを見たお客様から


「燻製って初心者でも自宅で簡単にできるんですか?」


燻製を作る時の道具って何を揃えればいいんですか?


「道具って揃えると高いんですか?」


と聞かれることがあります。


そんな方はまずこちらをご覧下さい。


燻製を始めるにはこんな道具を揃えると

大体いくらくらいするのかをまとめた

ブログとなってます。


自宅で簡単にできる燻製を始める事ができる!
初心者にオススメの道具



いかがでしたか?


こんな感じで燻製は誰でも自宅で簡単に

作ることができますよ!

燻製美容師せとっちのいぶり暮らし



では、今回のいぶり暮らしの食材は





チーズ


燻製食材の中でも最もポピュラーで

とても美味しいこのチーズを、二種類の

異なるスモークチップを熱燻で燻して

燻製チーズを作ってみたいと思います。


そうすることで燻製チーズの味に違いが

出るのかを検証してみようというのが

今回のいぶり暮らしです!

燻製にオススメのチーズ



チーズにも熱に強い、弱いがあるので

初心者の方は今から紹介する二種類の

チーズを使うと失敗は、ほぼないですよ!

雪印 ファミリアチーズ

熱に強く燻製にした後に、好みの大きさに

カットすることができます。


燻製器の大きさによっては、丸ごと入らない

こともあります。

雪印 6Pチーズ

すでにカットしてあるので、燻製チーズに

した後、そのまま食べることができます。


量的には若干、物足りないかも

しれませんね。


私は特に雪印さんの回し者ではないのですが

特に熱燻の場合、この二種類であれば

チーズが溶けずにうまく燻製になります。

熱燻とは?



食材の燻し方として

熱燻、温燻、冷燻の3つの方法があります。


私がよくするのは熱燻、温燻の2つです。


簡単に言えば燻す時の

温度が高いか?

低いか?

燻す時間が早いか?

遅いかですかね?


熱燻はスモークチップを入れた燻製器を

火にかけ、80度〜130度の高温の煙で

数十分から1時間ほど燻して燻製にします。





これがスモークチップですね。


一方、温燻はスモークウッドを用いて

30度〜60度ほどの煙で数時間から1日程度

燻して燻製にします。





これがスモークウッドです。


バーナーで火をつけ煙を出します。


私は熱燻の場合、長くても20分、温燻なら

1時間から2時間くらいですかね。


というのが、熱燻と温燻の違いです。


今回のチーズの燻製は熱燻でいきたいと

思います。

二種類のスモークチップで燻し比べ



二種類のスモークチップでの燻し比べの

検証ということで、今回使うスモークチップ

はサクラとウィスキーオークです。


他にも色々なスモークチップがあるので

紹介しときましょうか?

スモークチップ、スモークウッドの種類


サクラ

スモークチップ、ウッドの中で最も

ポピュラーでまず最初に使う方が多いと

思います。


香りが強く色付きもしっかりしています。

ヒッコリー

パッケージには『オールマイティに使えます』

と書かれています。


特に肉類、ハム、ベーコンなどと相性が

いいですね。

ウィスキーオーク

洋酒樽として30年以上使用されたホワイト

オーク材をチップやウッドにしてあります。


袋を開けて香りを嗅ぐと、本当に洋酒の

上品な甘い香りがします。


チーズ、ナッツ類の燻製に最高ですね!

クルミ

ヒッコリーよりもクセがない仕上がりにで

長時間の燻製にも向いています。

ナラ

渋みがあり、魚介類によく合い色付きも良い。

りんご

甘いコクのある香りで、色付きも穏やか。


よく魚介類に合うと言われています。


肉やチーズにもよく合いとても美味しいです。


一般的に市販で売っているのはこんなところで

あとはこれをミックスした『ブレンド』という

チップやウッドもあります。


こんな感じでスモークチップ、スモークウッド

にも色々種類があり、こだわる人は

こだわりますね。


この中から、色づきや香りの強いサクラと

洋酒の上品な甘い香りのするウィスキー

オークの二種類のスモークチップを使い

たいと思います。

チーズを燻す



スモークチップが変わっても、燻製チーズの

作り方は同じです。

準備

私と妻で食べるので、なるべく多めに

作りたいということで、先ほど紹介した

雪印 ファミリアチーズ

を使います。


決して、雪印の回し者ではございません!笑


まずは、箱と包装ビニールからチーズを出し

乾かしておきます。


同時に、燻す時にチーズをのせるアルミホイル

をチーズと同じ大きさに形成しときましょう。

スモークチップを燻す

これがサクラのスモークチップです。


そして、これがウィスキーオークの

スモークチップですね。


ウィスキーオークの方が少し黒がかって

いますかね?


まず、このスモークチップから煙が出てくる

まで強火で燻します。


大体、3分ほどですかね?

チーズを網にのせる

スモークチップから煙が出たら、もう少し

だけ待ち、弱火にしてチーズを網にのせて

15分ほど燻し開始です!

水滴を拭く

5分から10分燻していると、チーズの表面

側面に水滴がついてきます。


そのついてきた水滴を、キッチンペーパーで

優しく拭き取ります。


燻製チーズが出来た時に、色付きがムラに

ならようにするためです。


燻し終わるまでに2回ほど、水滴を

拭き取ります。


サクラでもウィスキーオークでも、やることは

同じですね!




・・・15分後



燻し完了

サクラチップで燻した

燻製チーズ


ウィスキーオークチップで燻した

燻製チーズ


やはりサクラの方が色づきがいいですね。


すぐに食べたいところですが

寝かせることで燻製の香り、薫香(くんこう)

が落ち着きます。


チーズは冷蔵庫で2日ほど寝かせた方が

燻製とチーズの味わいが、グッとしまります。

燻製チーズをカット

サクラチップで燻して2日間冷蔵庫で

寝かした後、カットした燻製チーズ


ウィスキーオークチップで燻して2日間

冷蔵庫で寝かした後、カットした

燻製チーズ


出来上がった燻製チーズを比べてみると

少し色が違います!


スモークチップでも違ったように

ウィスキーオークで燻した方が、少し

グレーがかっている気がします。

スモークチップ別の味を検証



では、サクラとウィスキーオークの

スモークチップ別で燻した燻製チーズ

の味を検証してみます!


まずは、サクラの燻製チーズから!


サクラの燻製チーズは何度も作って食べて

いるので、相変わらず安定の美味さです!


サクラは、色づきとスモーク感がしっかり

しています。




では、ウィスキーオークの燻製チーズを!


おっ!?


サクラより少しライトな味わいです。


鼻から薫香がスッと上品に、抜ける感じが

します。


サクラ、ウィスキーオークどちらも

間違いなく美味しいです!


しっかりとしたスモーク感を、好む方であれば

サクラですね。


軽めのスッキリとした感じが、お好みの方なら

ウィスキーオークがオススメです!


子どもにはウィスキーオークの方が

人気でした!


ちなみにもっとスモーク感を出したいという方

には、こんなものもオススメです。


ピートスモークパウダー


燻す時に火をつけたスモークチップや

スモークウッドの上に少量のせます。


基本的にはチップやウッドの量の

10%ほどで十分です。


よりスモーキー感を好む方は30%ほどのせて

燻すと、重厚で個性的な香りを放ちます。


ちなみに私は、ピートスモークパウダーが

なくても問題はないタイプです。

まとめ

スモークチップ別で燻製チーズを作って

食べてみたところ、ウィスキーオークの方が

スモーク感はライトな味でした。


味は好みが出るので、しっかりとした色づき

スモーク感を好む方はサクラ、少しスッキリめ

を好む方はウィスキーオークがオススメです!


他にも、スモークチップは種類があるので

別のものでも検証してみたいと思います。


以上(スモークチップ別検証【チーズの燻製】自宅で簡単にできる燻製の作り方)でした。


最後まで見て頂きありがとうございました。





金沢野々市の燻製美容師せとっちでした!


スポンサーリンク




※オススメ関連記事

【燻製キーマカレー】自宅で簡単にできる燻製の作り方


【鶏ささみの燻製】自宅で簡単にできる燻製の作り方


【ししゃもの燻製】自宅で簡単にできる燻製の作り方!


【タコくん】自宅で簡単にできるタコの燻製の作り方


【豚バラブロックを燻製に】自宅で簡単にできる燻製の作り方


自宅で簡単にできる燻製を始める事ができる!初心者にオススメの道具


【くんたま on the うに】自宅で簡単にできるたまごの燻製の作り方