どうも!金沢市野々市の美容室4cmの背戸信吾です。


せとっちと覚えて下さい!

スポンサーリンク



火曜日から日曜日まではサロンワークをこなしている美容師なんですが、定休日の月曜日は燻製美容師としていろんな食材を燻しているんです!


その名も


せとっちのいぶり暮らし


と呼んでいます!

自宅で簡単にできる燻製の作り方



燻製って時間と手間がかかって大変そう?


そもそも燻製にした物を食べた事がないという方もいらっしゃるかも知れません。

燻製とは?



wikipediaによると食材を燻煙することで保存性を高めると共に特有の風味を付加した保存食、またはその調理法である。調理法はスモークともいう。


と記述されています。


分かるような分からないような、これだと燻製ってなんか美味しそうには
感じられませんよね?笑


せとっち的にはお酒のおつまみですぐに頂くので、保存食という感覚ではありませんけどね。


食材を燻すことで元々の美味しさに香ばしさをプラスし、お酒により合うおつまみにグレードアップさせるくらいに思って頂ければハードルはグ〜ンと下がりません?

熱燻、温燻、冷燻



燻製のやり方として熱燻、温燻、冷燻の3種類があります。

熱燻

80度から130度ほどの高温での煙による蒸し焼きみたいなイメージですかね。

燻す時間は10分から60分程度です。

せとっちのいぶり暮らしは自宅で簡単にできるが前提なので、ほとんどがこの熱燻で行なっています。

温燻



30度から60度ほどの煙で数時間から1日程度スモークウッドを用いて燻します。

冷燻



15度から30度ほどの煙で1〜4週間程度燻すという設備も大掛かりとなり、初心者には比較的難しいのでせとっちのいぶり暮らしではなかなかなさそうです。

くんたま on the うに



以前行った居酒屋さんのメニューに『煮卵 on the うに』というものがあり、食べてみるととても美味しいかったのです。

その時に


これだ!!


と閃きました!


煮卵の燻製は何度も作った事があったので、その燻製にした煮卵、通称『くんたま』にうにをのせてみようと思ったのです!

自宅で簡単にできるくんたまの作り方






市販のめんつゆに24時間以上漬け込みます。


水分があると煙がうまく乗らないので燻す前に乾かします。





では、ここから熱燻の開始です!

チップから煙が出るまで強火で燻します。

2分から3分ほどでしょうかね。





煙が出たら弱火にして煮卵を燻し始めます!

燻製器によって多少燻す時間が変わるかなと思いますが、コールマンのステンレスの燻製器は20分くらい燻します。





自宅で簡単にできるくんたまの完成です!


すぐに食べたいところですが、燻香を落ち着かせるために1時間以上冷蔵庫で寝かせます。





自宅で簡単にできる『くんたま on the うに』の完成です!


ひとつ残念だったのがスーパーにうにが売ってなかったのです。

仕方なく瓶詰めうにを購入してそれをくんたまにのせてみました。

加工されているため少し味が濃すぎるかなぁ・・・

今度はちゃんとしたうにをのせてもう一度やってみよう。

それでも『くんたま on the うに』美味しいですけどね!

焼酎か日本酒ですかね。

まとめ



熱燻なら自宅でも簡単に短い時間で燻製を作ることができますよ。

お酒に合うおつまみにグレードアップするには燻製が1番です!

燻製美容師せとっちのいぶり暮らし乞うご期待!


以上(自宅で簡単にできる燻製の作り方 〜くんたま on the うに〜)でした。


最後まで読んで頂きありがとうございました。





燻製美容師せとっちでした!

スポンサーリンク