皆さん、こんにちは!

金沢市野々市の美容室4

背戸信吾です。


せとっちと覚えて下さい!


私は火曜日から日曜日までは、サロンワークを

こなしている美容師ですが、定休日の月曜日は

マンガ『いぶり暮らし』に習って、いろいろな

食材を燻して燻製作りを楽しんでいる

燻製美容師なんです!


題して


燻製美容師せとっちの
いぶり暮らし



というお客様から好評の
ブログです!

スポンサーリンク


自宅で簡単にできる燻製作り方



ブログを見たお客様から


「燻製って初心者でも自宅で簡単にできるんですか?」


「道具って揃えると
高いんですか?」



と聞かれることがあります。


そんな方はまずこちらをご覧下さい。


燻製を始めるにはこんな道具を揃えると

大体いくらくらいするのかをまとめた

ブログとなってます。


自宅で簡単にできる燻製を始める事ができる!
初心者にオススメの道具



ご覧になりました?


こんな感じで燻製は自宅で簡単に作ることが
できますよ!

燻製美容師せとっちのいぶり暮らし

では、今回のいぶり暮らしの食材は





ししゃも


そのししゃも温燻で燻してグリルで焼きたい

と思います。

ししゃもを温燻で燻す

そのまま焼いても食べても十分美味しい

のですが、いちいち手間をかけるのが

燻製美容師せとっちなんです。


ということで、ししゃも燻製にしてから

焼くことにします。

温燻とは?



食材の燻し方として

熱燻、温燻、冷燻の3つの方法があります。


私がよくするのは熱燻温燻の2つです。


簡単に言えば早いか遅いかですかね?


熱燻はスモークチップを入れた燻製器を

火にかけ、80度〜130度の高温の煙で

数十分から1時間ほど燻して燻製にします。





これがスモークチップですね。


一方、温燻スモークウッドを用いて

30度〜60度ほどの煙で数時間から1日程度

燻して燻製にします。





これがスモークウッドです。


私は熱燻の場合、長くても20分、温燻なら

2時間くらいですかね。

りんごのスモークウッドで燻す



今回はししゃもと言うことで白身魚に

オススメ甘い香りのりんごのスモーク

ウッドを使います。


スモークチップ、スモークウッドにも種類が

あり、燻す食材によって変えたりもします。

スモークチップ、スモークウッドの種類

サクラ

最もポピュラーなチップ、ウッドで

まず最初に使う方が多いと思います。


香りが強く色付きもしっかりしています。

ヒッコリー

パッケージには『オールマイティに使えます』

と書かれています。


特に肉類、ハム、ベーコンなどと相性が

いいですね。

ウィスキーオーク

洋酒樽として30年以上使用されたホワイト

オーク材をチップやウッドにしてあります。


袋を開けて香りを嗅ぐと、本当に洋酒の

上品な甘い香りがします。


チーズ、ナッツ類の燻製に最高ですね!

クルミ

ヒッコリーよりもクセがない仕上がりにで

長時間の燻製にも向いています。

ナラ

渋みがあり、魚介類によく合い色付きも良い。

リンゴ

今回使うウッドです。


甘いコクのある香りで、色付きも穏やか。


よく魚介類に合うと言われています。


肉やチーズにもよく合いとても美味しいです。


一般的に市販で売っているのはこんなところで

あとはこれをミックスした『ブレンド』という

チップやウッドもあります。


こんな感じでスモークチップ、スモークウッド

にも色々種類があり、こだわる人は

こだわりますね。


初心者の方はまず、サクラから始めてみると

いいと思いますよ。

ししゃもを燻製にする



前置きが長くなりましたが、ししゃも

燻製にしていきます。


まずは、バーナーを使ってスモークウッド

火をつけて煙が出る状態にします。


しっかり煙が出るようにしていないと

燻している途中で消えて煙が出なくなります。

火傷に気をつけながら、しっかりバーナー

火をつけます。


私はウッドをトングで掴んで火を

つけてます。


ライターだと火がつく範囲が少なく、すぐに

煙が出なくなってしまいます。


煙を出したスモークウッド

燻製器に入れ、網にししゃもを並べて

フタを閉めて


燻し開始です!


もしも、煙が出てこなくなったら

もう一度火をつけて下さいね。


そして、待ちます。




10分


20分




チラッとウッドを確認したり・・・




30分






ししゃもに変化があるか確認したり・・・






40分








自分も煙臭くなってきた気が・・・








50分










もう少し我慢・・・










1時間!!


温燻なので色付きは弱いですが

ほんのり茶色がかっています。


ただ、すぐには焼きません!


30分〜1時間ほど冷蔵庫で寝かすことで

燻製の香り、薫香(くんこう)が落ち着きます。


いちいち手間をかけるのが


燻製美容師なのです!


欲を言えばお腹がプクプクに膨らんだ

子持ちししゃもがよかったです。


では、焼酎でいただきます。


モグモグ・・・


アッ!?




これは!?




まず、口に入れて三噛みくらいは燻製

香ばしさがきます。


四噛みから七噛みには甘さがきました!


完全にりんご効果ですね!


りんごのスモークウッドで燻すことで

ししゃもの甘みを引き出しています。


美味いです!!


ウイスキーオークに続いてりんご

お気に入りに追加します。

まとめ



温燻は少し時間がかかりますが、他のブログを

書いたり、ちょっと漫画を読んだりしながら

待てば何の問題もありません。


今回は種類の違うスモークチップスモーク

ウッド燻すことで、食材の良さをしっかり

際立たせているなと実感できました。


以上(【ししゃもの燻製】自宅で簡単にできる燻製の作り方!)でした。


最後まで見て頂きありがとうございます。


燻製美容師せとっちでした!

スポンサーリンク




その他の燻製作りもご覧下さい!


【鶏ささみの燻製】自宅で簡単にできる燻製の作り方


【タコくん】自宅で簡単にできるタコの燻製の作り方


【豚バラブロックを燻製に】自宅で簡単にできる燻製の作り方


【チーズと自家製干物を燻製に】自宅で簡単にできる燻製の作り方


自宅で簡単にできる燻製を始める事ができる!初心者にオススメの道具


【くんたま on the うに】自宅で簡単にできるたまごの燻製の作り方