皆さんこんにちは!
まっすーです( ´﹀` )

 

 

少しずつ肌寒くなってきましたね。
もう秋の季節がやってきました!
私ごとではありますが、秋が一番オシャレにテンションが上がります!!(*´艸`*)

 

 

ヘア、メイク、ファッションは流行に合わせて色々な形に変わってきますが、
今回注目していきたいのは”メイク”!!
そして、その中でも重点を置いていきたいのが

 

“眉”です!

 

眉で顔の印象は良くも悪くも、可愛くもかっこよくも、エレガントな印象にもなります。
長さや、形を少し変えるだけでも顔の表情や、印象が変わってしまう、、
眉はそんな顔の印象を決める大事な役割をしているのです!!

前髪があるからと言って眉メイクを怠っている皆さん、、
前髪の隙間から見える眉毛からも顔の印象は大きく左右されていますよ!

 

 

美しい眉毛は小鼻または、口角の延長線上に眉尻があるというのが、最も美しい眉毛の形と言われています!

そして眉頭の位置は小鼻の延長線上に、眉山は瞳のやや外側に持ってくるのが基本です。

これがいわゆる美人眉の黄金比率と言われているのです!

では、メイク初心者さんにオススメの、美しい眉メイクをする時に気をつけてほしいことを解説していきます

 

スポンサーリンク

 

初心者にオススメ!眉メイクのやり方

 

1. 地眉は無視しない

自分のすっぴん眉をしっかり把握しましょう(長さ、形、生えぐせ)。

正しくそれを知った上で、生かす場所、メイクで補っていきます。

しっかりと地眉をベースにし、整えていきましょう。

地眉を8割使ってメイクしていき、自然な印象に仕上げるのが、顔の骨格や、パーツとバランスが取れるので◎です。

 

2. 切りすぎず、抜きすぎず。

ある程度であれば長さや、形を綺麗に整えることは良くても、切りすぎや、抜きすぎは地眉の本来の形が
わからなくなるのでNGです。

地眉をベースに、骨格にあった自然な眉メイクをしていきましょう。

 

3. 全方位しっかりと確認。

正面だけを見て、メイクするのではなく
横から見た眉尻、下から見たときのカーブの形もしっかりと確認しながらメイクをしていきましょう。

特に、眉尻は横顔の印象を左右します!!

シャープで美しい眉尻にするのが理想です。

 

 

では、これらを守って美人眉をかいていきましょう。

眉メイクに使っていくアイテムは、基本的に、

    ・アイブローマスカラ
    ・アイブローペンシル
    ・アイブローパウダー
    ・スクリューブラシ

です。

 

1. 眉頭は触らない

眉頭は顔の印象の要です。

眉頭の毛がたっていると目ヂカラも増しますし、大人っぽくも見えます。

眉をかくときは眉ブラシでコーミングもしっかりと行いましょう。

 

2. 美人眉の黄金比率。

先ほども文面で説明しましたが、美しい眉は小鼻または、口角の延長線上に眉尻があるのが理想です。

そして眉頭の位置は小鼻の延長線上に、眉山は瞳のやや外側に持ってきましょう。

スクリューブラシなどを使い、小鼻と目尻を結ぶように当てた後、そのままの角度で眉尻へ。

基準より短いと、カジュアルすぎたり、子供っぽく見えるのでNGです!

 

3. 眉色は髪色を基準に合わせる。

明るさは髪色より少し明るめか、少し暗めでもいいのですが、赤系、アッシュ系、ナチュラルなブラウン系など、色味の系統を合わせると馴染みが良くなります。

 

4. 地眉の形を生かして。

眉のアーチは地眉の下の部分、アンダーラインの毛流れを基準にして、眉頭から徐々に毛が流れていき、毛流れが水平になったところが眉山の位置になるのが理想です!

そこから下へ流れていく角度が、自然な眉尻の角度です。

 

5. 眉尻はぼかさない。

眉メイクはアウトラインをぼかすのがコツです!

眉尻はシャープになるよう、ラインは残して☆

 

6. 色は均一にのせる。

地眉が薄い部分が穴になったり、地眉が濃い部分だけ目立つなど、ムラがあると美人眉にはなりません。

地眉に合わせての足し引きは合わせて行いたいですね!

 

 

これらのポイントを参考に自分の理想の眉メイクをしてみてください♪

非対称眉や、のっぺり眉、眉尻の無い眉、まばら眉など、元々のスッピン眉でも地眉を生かすのがポイントです☆

眉メイクにやり方をマスターして色々な印象なメイクに合わせて、よりファッションを楽しめるといいですね♪

 

スポンサーリンク