「普通のヘアカラーに飽きた。。」という方におすすめなのがメッシュカラーです。
 

ポイントで色を入れるメッシュカラーはおしゃれに見えると人気のヘアカラーです。
 

メッシュを入れる方法は、カラーで入れる方法・エクステをつける方法の2つがあります。
 

今回この記事ではメッシュを入れる方法は、カラーとエクステどっちがいいのかそれぞれのメリットを紹介します!
どちらの方法でメッシュを入れようか迷っているという方はぜひ参考にしてください。

メッシュカラーてどんなカラー?


まず初めにメッシュカラーとはどんなカラーなのか紹介します。
 

メッシュカッラーとは、髪に束状に色をつけ元の髪色と色の差をつけてカラーリングするスタイルのことです。
 

黒髪や暗めの髪色に明るい色を合わせたり、アクセントカラーとしてメッシュを入れるのが一般的なメッシュカラーです。
 

部分的に筋を入れるようにカラーリングすることでヘアスタイルに立体感がでておしゃれな雰囲気になります。
 

メッシュを入れたいけど、カラーとエクステどっちはいい?と迷う方もいますよね。
ここからは、カラーとエクステそれぞれのメリットを紹介します!

スポンサーリンク

メッシュをカラーで入れるメリット

メッシュをカラーで入れるメリットを紹介します。

メッシュを入れた後の手入れが簡単

メッシュを入れたからといって、特別な手入れは必要ありません。
 

エクステをつけるといつもの手入れ+αが必要ですが、カラーで入れた場合普段通りのお手入れでOK!
ヘアケアを簡単に済ませたい方には、カラーでメッシュを入れることをおすすめします。

カラーの変化を楽しめる

カラーでメッシュを入れるときは、元の髪色より明るい色にすることがほとんどです。
 

メッシュを入れる部分にブリーチ剤を使用することが多いのですが、ブリーチをした髪の毛は日々色の変化が楽しめます。
 

最初に入れたカラーと1カ月後の髪色を比べると、ヘアカラーに抜け間が出てまた違うヘアスタイルを楽しむことができます。

メッシュカラーをエクステで入れるメリット

次に、メッシュカラーをエクステで入れるメリットを紹介します。

地毛が傷まない

カラーでメッシュを入れる場合に、ブリーチを使用する場合には地毛を傷めてしまいます。
 

エクステでメッシュを入れる場合は、地毛にエクステを編み込むので地毛へのダメージはありません。
地毛を傷めずにメッシュを入れたいという方に、エクステはおすすめです。

飽きたら元通りの髪色にできる

カラーでメッシュを入れた場合、特にブリーチを使用した場合は元通りの髪色に戻すことは難しいです。
暗い色を入れてもすぐに色が抜けてしまうなんてことも。。
 

エクステでメッシュを入れる場合、地毛の色が全く変わらないのでエクステを外せばすぐに元通りになります。
飽きたら外せるので、気軽に髪色を変えれて色で遊ぶことができます。

エクステでメッシュを入れたときのお手入れ方法


エクステでメッシュを入れたあとは、しっかりお手入れをしてあげる必要があります。
エクステをきれいに長持ちさせるには、しっかり手入れをしてあげましょう。
 

エクステでつけたメッシュの表面はさらさらになるようにコーティングされています。
そのコーティングが剥がれないようにケアすることが手入れのポイントになります。
 

ここからは、おすすめのエクステの手入れ方法を紹介します!

髪の毛を洗うときの注意点

エクステは地毛と比べて絡まりやすく、ゴシゴシ洗うと絡まってしまいます。
 

エクステが絡まってしまうと、自分で絡まりを取るのは難しく最悪の場合、エクステを外さなくてはいけなくなってしまいます。
髪の毛を洗うときは、エクステ部分と地毛の部分を一緒に洗ってしまってはいけません。
 

エクステ部分は、エクステが取れてしまわないように優しく洗いましょう!

トリートメントをしっかりする

丁寧にシャンプーした後は、しっかり泡をすすいでください。
とくに、エクステをつけている部分はシャンプーが残らないように注意してください。
 

シャンプーが残っていると、頭皮の匂いやかゆみの原因になり頭皮トラブルを起こしてしまいます。
 

しっかりシャンプーを洗い流したら、地毛とエクステ部分の両方にトリートメントをします。
エクステ部分にトリートメントをつける際は、エクステの編み目を避けて毛先を中心に塗るようにしましょう。
 

エクステの編み目に塗ってしまうと、エクステの緩みや、頭皮の匂いの原因になってしまいます。

髪の毛を乾かすときの注意点

髪の毛を乾かすときは、タオルとの摩擦によってエクステのコーティングを落としてしまわないように、優しく丁寧に水分をタオルに移すようなイメージで拭き取ってください。
 

ドライヤーをする前には洗い流さないトリートメントをつけることがエクステケアでおすすめです!
エクステは熱に弱く、洗い流さないトリートメントでコーティングすることでドライヤーの熱から守ってくれる効果があります。
 

また保湿効果も高く、乾燥や摩擦によるダメージから髪の毛を守ってくれる効果もあります。
洗い流さないトリートメントは、ダメージを修復することはもちろん、ダメージを予防するにも最適なアイテムとなります。
 

洗い流さないトリートメントの効果については、こちらで詳しく紹介しています。
ぜひ参考にしてください。
エクステには洗い流さないトリートメントを使おう!おすすめのケアアイテムも紹介!

メッシュカラーはこんな方におすすめです!

髪の毛にボリュームが欲しい方

メッシュは全体の髪色と差のあるカラーを束状に入れることで、ハイライトと同じように立体感のあるスタイルにしてくれます。
 

髪の毛のボリュームがなく、ぺったんこ髪になってしまう方におすすめしたいカラーリングです。
 

さらに、メッシュを入れることで陰影が出るので「最近、白髪が生えてきて目立つ気がする。。」という方にもおすすめです。
明るいカラーでメッシュを一入れると、白髪がより目立ちにくくなります。

個性的なヘアスタイルを楽しみたい方

「赤や紫など個性的なカラーをしてみたいけれど、全体的に入れるのに抵抗がある。。」という方も多いと思います。
しかし、メッシュで派手なカラーを入れることでなかなかチャレンジしにくいカラーに挑戦でき程よく個性が出ておしゃれになります。
 

また、メッシュを入れる場所の表面に入れてがっつり主張させるのか、インナーカラーのようにチラッと見せるのかによって全体の雰囲気を変えることもできます。

頭皮がデリケートな方

メッシュカラーを入れるときは、ブリーチを使用することがほとんどなのですが、メッシュカラーをするときは部分的にブリーチを入れていくため頭皮が弱い方でも頭皮への負担が最小限に抑えれます。
 

頭皮が敏感で荒れやすいく明るいカラーに挑戦できなかったと言う方でも、おしゃれなカラーを楽しむことができるのもメッシュカラーの魅力です!

まとめ

今回は、メッシュを入れる方法はカラーとエクステのどちらがいいのかそれぞれのメリットを交えて紹介しました。
 

どちらがいいとは言い切れませんが、それぞれのメリットを参考にぜひメッシュカラーを楽しんでみてください。
 

また最近では、インナーメッシュやイヤリングカラーなどがおしゃれで人気のカラーとなっています。
メッシュカラーにしたいけどどんな風にしたらいいのか分からないという方は、いつでも気軽にご相談くださいね!
 

最後までご覧いただきありがとうございました!
以上(カラーとエクステどっちがいい?メッシュを入れる方法のメリットを解説)でした。

スポンサーリンク