少し前は、シリコンについて騒がれていましたが、今回は最近耳にするようになった「ラウリル硫酸」についてお話しようと思います!ラウリル硫酸が入っていないシャンプーを知っている人は、トレンドに強いおしゃれな人と思われますので、しらない人は勉強しちゃいましょう。

まず、「ラウリル硫酸」という言葉を初めて聞いた人もいると思うので、簡単に説明します!
スポンサーリンク

名前からして、少し怪しい薬剤のように思われますが、ラウリル硫酸とは、石油系の合成界面活性剤で、歯磨き粉や、シャンプーから、台所洗剤、洗車用洗剤まで私たちの私生活の中で、幅広く使われています。

しかし、決して髪やお肌にいいものではありません!

それでは、髪の毛に与える影響をお話ししていきます。
ラウリル硫酸は刺激性が多少あり、分子も小さく肌に浸透しやすいため体内に取り込まれてしまいます。 化学物質が体内に取り込まれるとは、考えるだけで恐ろしいですね・・・

そして、洗浄力が強く必要以上に油分を取り除いてしまい、頭皮・髪の毛ともに乾燥した状態になります。ですから私たち美容師は、昔からラウリル硫酸の入っていないシャンプーをおススメしていたんです。

最近は、ラウリル硫酸より刺激の少ない、ラウレス硫酸というものがありますが、こちらも皮膚には吸収されにくいものの、洗浄力が強く、乾燥することには変わりありません。

次に頭皮やお肌に対する影響です。お肌が乾燥しないように、心がけている方はたくさんいると思いますが、 頭皮や髪の毛も乾燥するとトラブルが、いっぱい起こります。頭皮が乾燥すると毛穴が痛み、フケや、かゆみ、薄毛の原因にもなります。

そして、頭皮と顔はつながっています。乾燥による影響で頭皮のターンオーバーが乱れると、 たるみや、シワの原因にもなってしまうのです!!!

髪の毛が乾燥すれば、パサパサな艶のない髪の毛になってしまいます。そのパサパサを、コーティングして手触りを良くしてくれるのがシリコンです。

ではなぜ、シリコンがよくないのか?ということなんですが、知っている人もいるかもしれませんが簡単にお話します!

シリコンはシャンプーやトリートメントに使われていて髪をコーティングしますが、一度髪に付くと、流れにくく、吸着してしまいます。その影響で、カラーの色が入りにくい、パーマがかかりにくい、トリートメントが浸透しにくくなってしまいます。

髪に付いてしまっただけなら切ってしまえばいいのですが、さらに問題なのが、頭皮に付いてしまうことです。 頭皮にシリコンが付いてしまうとなかなか取れず、毛穴につまります。毛穴がつまってしまう影響で、フケや臭いの原因になるのはもちろん、抜け毛やクセ毛の原因になります。

最近は、ノンシリコンシャンプーが多く出ていますが、シリコンを使ってないだけで、別のコーティング剤が入っていたり、髪にいいものとは言えません。

それから、洗浄力が強いと言うことは、カラーやパーマ、トリートメントの持ちを悪くしてしまいます。

シリコンたっぷりのシャンプーで髪をコーティングしている上に、洗浄力の強いシャンプーで洗ってしまったら、せっかくキレイな色を入れたのに、オシャレにパーマをかけたのに、トリートメントでつるつるになったのに、すぐにとれてしまいます。

プラス、カラーやパーマの後の髪の毛は、とてもダメージを受けやすい状態になっていて、乾燥なんてしたら、ダブルパンチです。

毎日使うシャンプー、間違ったものを使っていると、こんなにたくさんのトラブルが起きてしまうのです。

自分の頭皮と髪の毛を守る為にも、ラウリル硫酸や、ラウレス硫酸が入っていない、優しいシャンプーを使いましょう!4cmでもラウリル硫酸が入っていないシャンプーを取り扱っていますので、スタッフにお尋ねくださいね(*^^*)

http://4cm.shop-pro.jp/